開智小学校(総合部)

4年生「ものづくり」フィールドワーク

4年生「ものづくり」フィールドワーク

4年生の学年探究テーマは「ものづくり」
今年も残念ながらコロナの影響で宿泊学習に行くことはできませんでしたが、外部講師の方にご来校いただき、2日間、校内で「ものづくり」探究を行いました。

1日目は、地元岩槻の新井人形店さんにご協力いただき、江戸木目込人形についてご講演いただきました。
人形の作り方を教えていただく中で、日々真剣に人形と向き合っている職人さんの想いを直接聞くことができ、良い経験になりました。
講演の後には、自分たちで「アマビエ」の木目込人形を作製しました。
布を丁寧に溝に入れ込む作業は、自分たちと職人さんの技の違いを実感できる貴重な体験になりました。

2日目はつむぐ和紙屋の岩坂さん、NPO法人伝統工芸つくも神の橋村さんにご来校いただきました。
国語の教科書に載っている「世界にほこる和紙」を学習しただけでは知ることができない和紙の深い話や、実際に和紙を作ることで感じることができる繊維やトロロアオイの触感など、1日目に勝るとも劣らない経験をすることができました。

2日間とも、「本物」の伝統工芸に触れることで、その魅力や奥深さを発見することができました。
今後は今回経験した「本物」の魅力をプレゼンテーションすることで更に「ものづくり」探究を深めていきます。

Return Top

Copyrighted Image